キャッシングのデメリットと言えば利息の支払い

キャッシングは借りるときは楽しいものですが、返すときになるとデメリットを感じます。
キャッシング最大のデメリットと言えば、利息の支払いでしょう。
実質年率、借入金額・日数によって利息が決定するのです。
銀行ローンがお勧めされる理由は、ノンバンクよりも実質年率が低いからです。
ただ、実質年率が低くても借り癖がついている方は、追加融資を繰り返して高額融資を受けてしまいがちです。

高額を借りるほど利息が大きくなりますが、それは借入額が増えるのでそれに対する利息が増えること、また借入日数が増えることで利息が膨らむからです。
本当にお金がないときだけキャッシングを利用するようにして、安易な借入はしないようにしましょう。
財布がわりにお金を借りていると、あっという間に借金は膨らんでしまいます。
借入残高に比例して利息も大きくなるので、借入残高は定期的にチェックしておきましょう。
借りすぎだと自覚したら、追加融資を受けずに返済一本に絞っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です